手術をどうしても受けたい場合

手術をどうしても受けたい場合

椎間板ヘルニアで手術をどうしても受けたいと言う場合はそれを含めて医師としっかり相談しておくことが必要です。医師が手術に積極的であれば、手術をすることはできますが、症状などの状況を見て手術の必要がないと判断すれば手術に踏み切ることはあまりないと言えます。早期的に治療をしたいと考えていくとやはり手術が一番早い治療方法になりますが、早いといっても、すぐに完治することはないと言えます。リハビリなどの期間を含めて完治したといえるようになるまではそれなりの期間が必要になってきます。あまりに劇的に回復するというイメージを持っていると手術に対して正しい理解ができなくなってしまうこともありますのでそこには大きな注意が必要です。

椎間板ヘルニアになってしまった時は手術を受けるかどうかに限らず、できるだけ長期的な休みを取っておいた方がよいということになります。急いで治そうとしても気持ちで治るものではないので、逆効果になってしまうこともあると言えるでしょう。