椎間板ヘルニア、症状改善と予防のための寝具

椎間板ヘルニア、症状改善と予防のための寝具

一日のかなりの部分を占めている就寝時間中に、間違った寝具や寝方が腰痛を悪化させてしまうことがあります。

近年は生活様式の変遷で寝具にも変化が出てきて、布団を敷いて寝るという習慣が少なくなり、ベッドで就寝する方も増えてきました。

また布団を使う場合でも、羽毛布団のように柔らかいもので寝る方が多くなってきています。
柔らかい布団やベッドのように寝心地の良いものが、寝具としても優れていると思われがちですが、実は逆です。

柔らかい「ふかふか」の布団やベッドは、腰が沈み反りやすくなり、腰に必要以上に負担がかかってしまい、腰痛の原因となります。椎間板ヘルニアにおいても同じです。

特に寝ている状態では意識がない中で体は無防備であるため、益々腰痛を悪化させてしまいます。

あまり硬い布団も問題ですが、適度な硬さの寝具の方が実は体には良いのです。適度な寝具を選ぶことが椎間板ヘルニア予防や改善につながります。
適度な硬さ、つまり、背骨の緩やかなS字カーブにフィットするような布団が理想です。

枕も同じです。人の背骨は自然に備わった緩やかなS字カーブを描いています。

S字カーブを保った状態の寝方が体に優しいといわれますが、このカーブを壊さない寝方が出来る高さの枕を選ぶのが理想的だといわれています。

「頚椎」との関係においても、高すぎる枕は不自然に頚椎を伸ばすことになりますし、軟すぎる枕は頚椎の支えになりません。

眠っているときの「頚椎」と「腰椎」の自然な支えが、椎間板ヘルニア予防のポイントになります。

また、どのような寝方で寝れば椎間板ヘルニアの予防や改善に有効なのでしょうか。
やはり腰に負担をかけない状況を作ることが一番です。特に柔らかい布団だと仰向けで寝ると腰を沈めてしまいますので症状が悪化するかもわかりません。

横向けにひざを少し曲げて緩やかなカーブを保ちながら寝るのが、腰の為には良いといわれています。
この場合、両膝の間にクッションを挟むとより腰に負担がかからなくなります。

また、反り腰にならない様に、
・仰向けに寝て膝の下に枕やクッション等を入れる
・膝を少し立てる
・足を何かの物に乗せる
ことなどで、椎間板ヘルニアの予防と腰にやさしい寝る姿勢ができます。

椎間板ヘルニアで悩まれている方は、寝具や寝方の見直しをしてみる事も症状改善につながります。