スポーツ障害として発症する椎間板ヘルニア

スポーツ障害として発症する椎間板ヘルニア

身体を支えるためには必要不可欠な骨である背骨は、円柱状の椎骨を積み重ねてできていて緩やかなS字曲線を描いています。
この椎骨と椎骨の間には椎間板が存在し、S字曲線を保つために重要な役割を果たしています。

その椎間板が外側に飛び出す病気を椎間板ヘルニアといい、スポーツ障害の一つとして発生することがあります。

背骨を形成している椎骨はめったなことでは障害を発症しないようになっています。
しかし、老化などで背骨を支える骨や筋肉が弱くなると、椎骨と椎骨の間にある椎間板ももろくなってしまいます。
もろくなった椎間板は上半身の重さなどで潰されて、背中側にはみ出してしまい椎間板ヘルニアを起こすのです。

しかし、椎間板ヘルニアはテニスやゴルフなどの強い腰の捻りを頻繁に行うスポーツでも起こりやすく、スポーツ障害として若者の間でも広く起こり、むしろ老化が原因である場合よりも多いとされています。

椎間板ヘルニアを発症すると、突出した椎間板によって背中を通る神経が圧迫されるために、腰や足に強い痺れを感じるようになります。

この神経の圧迫が椎間板ヘルニアの症状の根本的な原因になっていて、場合によっては運動能力の低下や、歩行困難、又立つことさえも苦痛になるなどの症状が現れるようになります。
また、症状が重度になると排泄障害などを引き起こす恐れがあります。

椎間板ヘルニアは、ぎっくり腰のように急激な激痛に見舞われる場合もありますが、症状が軽い場合は腰痛と混同しがちな性質を持っていて、ある程度まで症状が進行しないと発症に気がつかないこともあります。

椎間板ヘルニアは腰の動きを制限すると同時に、下半身全体の機能を低下させてしまう症状を併せ持っています。
症状が進行すると1分も立っていることが出来なくなるため、全てのスポーツに支障をきたすようになり、早急な治療を必要とするスポーツ障害と言えます。

スポーツ障害としての椎間板ヘルニアは、「腰を捻る」という動作が大きな発症原因となっています。
そのため、腰の動きに関係している腹筋と背筋を鍛えることは椎間板ヘルニアの予防に必要不可欠です。
腹筋を鍛える際は、正面だけでなく側面の腹筋も鍛えるように心がけなければなりません。

椎間板ヘルニアは、自然治癒する場合が多く保存療法で治療するケースが大半を占めています。
しかし、排泄障害など神経症状が重い場合は外科手術などで治療する必要があります。

多少なりとも椎間板ヘルニアの症状を疑った場合には、医師の診断を受けスポーツは中止して、出来るだけ安静を保ち自然治癒を促すよう心がけましょう。