椎間板ヘルニアのキーワード

椎間板ヘルニアのキーワード

椎間板ヘルニアがどのような状況で発生するかなどは様々ですが、人の身体にはそのメカニズムを考える上で重要なポイントがあります。

【脊椎=椎骨】

脊柱を構成する一つ一つの骨でいわゆる背骨の事で、正式には椎骨といい動物の身体を重力から支える役割を持っています。

椎骨は原則として,前後に関節で連なるほぼ円柱形をした椎体と、その背方にあって椎弓と呼ばれる、脊髄の通る穴を取り囲むΛ型の部分とからできています。

ヒトでは32~34個あって,部位に応じて頸椎(7個),胸椎(12個),腰椎(5個),仙椎(5個),尾椎(3~5個)と呼ばれています。

脊柱が1本の骨ではなく、多数の椎骨がつながってできているから、体をねじったり、反らせたりできるのである。

横から見ると微妙にS字を描いているのが特徴で、このS字カーブを生理湾曲と云い、人の体を支えるためにはとても重要なカーブなのです。

身体にかかる負荷を受け止める大黒柱としての存在であり、椎骨どうしの間には、椎間円板(椎間板)という軟骨などでできた厚いクッションがあり、堆骨は椎間板と共に身体で最も負担がかかる場所であるといえます。

【椎間板】

堆骨と堆骨の間に存在しクッション材の役割を果たしている円形の線維軟骨です。
椎間板はアンパンのような構造をしていて、外側には薄い皮「繊維輪軟骨」があり、内側には「髄核」というクッション材になる水分の多いゼラチン状の組織があります。
堆骨にかかる衝撃を吸収・緩和し、各堆骨に負担を分散させています。

【脊髄】

脊椎動物のもつ神経幹で、脊椎の脊髄腔の中を通り、全身に枝を出している神経で、脳と脊髄を合わせて、中枢神経と呼びます。

脊椎の中を通って脳につづき延髄とともに中枢神経系を構成する長い神経の束です。
人間の体を動かす様々な指示は脳からこの脊髄を使って全身に伝わるので、人間にとってとても大切な部分であり、脊髄の神経根はとても太いものです。

【ヘルニア】

体内の臓器などが、本来あるべき部位から脱出した状態を指します。(ヘルニア=飛び出る)
体腔内の裂隙に迷入したものを内ヘルニア、体腔外に逸脱したものを外ヘルニアと呼びます。
椎間板の一部(髄核)が何かの衝撃によって繊維輪軟骨を破り飛び出し、その突出した椎間板の一部(髄核)が脊髄を通る神経に触れ、痛みを伴う症状を椎間板ヘルニアといいます。