椎間板ヘルニアの予防・再発防止にウォーキング

椎間板ヘルニアの予防・再発防止にウォーキング

ウォーキングを、病後のリハビリや病気の予防の為に取り入れている方が増えています。

ウォーキングは、他の激しい運動に比べ、腰への負担が少なく、腹筋・背筋の強化、足腰の筋肉を鍛えるのに、ふさわしい運動です。

歩くだけですので、費用もかからないばかりか、自分の都合にあわせマイペースで出来ます。
車で通りすぎると分からない風景も、ウォーキングならでこそ発見できることがあり、ストレス解消にも役立ちます。

また、椎間板ヘルニアの予防・再発防止・リハビリに効果的とされる腹筋や背筋の増強の他にも生活習慣病の予防にも役立ちます。

その他にも、「心肺機能の向上」「血管や骨を丈夫にする」「脳の働きを活発にする」「肥満防止」などが期待できます。

毎日、30分でもよいので、継続することが大切です。

日常生活においても、電車の乗り継ぎに一駅分歩いてみたり、エスカレーターなどは使わないでなるべく階段を使うなど、椎間板ヘルニアの予防・再発防止・リハビリの為に意識すればできることは沢山あります。

ウォーキングフォーム(歩き方)のポイントは

 •体に力を入れすぎることなく、リラックスする
 •背筋を伸ばす(体が斜めになったり、反りすぎてはいけません)
 •前に出した足はかかとから着地し、足の親指で地面を蹴る(膝を痛めないために、かかとから着地する時に、力んだり勢いをつけない)
 •つま先を軽く開いて(10度位)直線上を歩くように意識する(内股、ガニ股で歩かない)
 •歩幅は、普段の歩幅より気持ち広め
 •呼吸は、吐く方を重視する

しかし、痛みが激しい時や急性期には安静にしておくことが大切です。
持病を持っている方や現在療養中の方は、医師の指示に従いながら行うようにして下さい。

又、ウォーキングを行ってみて痛みが増すようであれば、速やかに中止して担当医に相談して下さい。
ウォーキングフォームの見直しも必要です。

初めから長時間歩くのでは無く、少しずつ時間を増やしていくように「自分にあったペースで」「継続する」事が重要です。