椎間板ヘルニアとカルシウム

椎間板ヘルニアとカルシウム

椎間板ヘルニアは、椎骨同士のクッションの役割を果たしている椎間板が変性することで弱くなり突出し、神経を圧迫することによって腰や下肢に痛みやしびれを生じる一種の腰痛症です。

椎間板の変性は多くの場合は加齢によって起こります。
特に女性の場合は、閉経後に骨密度の減少が進み、骨粗しょう症になりやすい事から、椎間板ヘルニアには注意が必要だといわれます。
しかし、丈夫な骨づくりは、男女を問わず、若いうちからのカルシウム摂取が大事なのです。

カルシウムは骨密度を高めるためだけに必要なわけではなく、神経を正常に司る働きをはじめ、人間の生命維持に重要な役割を果たしているのです。

カルシウムのほとんどは骨にあるのですが、全体の1%程のカルシウムは血液や筋肉にも存在しているといわれていて、この僅かなカルシウムが不足すると、骨からカルシウムを取り出して血液中のカルシウム濃度を維持するようになるのです。

筋肉が緊張して神経を圧迫するようになるのは、体内でのカルシウム不足によって筋肉の細胞でもカルシウム濃度のバランスが崩れてくるからだと云われています。
つまりカルシウムは骨だけでなく筋肉にとっても大切な成分だということです。

筋肉の緊張状態が続くと骨格に歪みを生じやすくなり、椎間板にも無理な負荷がかかり続けてヘルニアを誘発する変性を起こしやすくなるのです。

なおカルシウムは日々の食事から摂り体に吸収されるわけですが、カルシウム不足を補うためにサプリメントを活用する人もいます。

ただしカルシウムのサプリメントはカルシウム単体ではなく、複数のミネラルを一緒に配合したサプリメントのほうがカルシウムの吸収率が高まりますので、買う際には良く調べてなるべく良いものを買うようにおすすめします。
また種類としてはイオン化カルシウムが、より吸収されやすく、不要なカルシウムは体外に排泄されます。

私たちの骨は、常に新しい骨に生まれ変わっていて、年齢にもよりますが、2年ほどかけて体全体の骨が新しくなるということです。
骨も新陳代謝を繰り返しているということですから、ダイエットや偏食によってカルシウムが不足することの無いように配慮が必要となります。