筋肥大を狙うわけではない

筋肥大を狙うわけではない

筋力トレーニングは椎間板ヘルニアにとって良い予防手段となりますが、何も筋肉を大きくさせることが目的になることにはなりません。筋肉を大きくさせるというよりも、筋肉をしっかりと動かしていき、機能してもらうことが大きな目的になってきます。筋力をうまく生かしていくことができればそれだけ予防につながっていくので、椎間板ヘルニアの予防をしていくことはできます。

自分の筋肉で弱っている場所を見つけるのはなかなか難しいのでバランスよく鍛えていくことになります。毎日定期的に行っておくことが大切であり、過剰なトレーニングはしてはいけないことになります。筋肉を大きくするというように勘違いをしてしまわないように注意が必要となります。仮に筋肉をしっかりと大きくしていきたいのであれば、筋肉を使うトレーニングと大きくしていくトレーニングをしていく必要があります。この二つをこなしていく際に体の負担をしっかりと考えておくことは重要なことになるといえるでしょう