インナーマッスルを鍛えて椎間板ヘルニアを予防

インナーマッスルを鍛えて椎間板ヘルニアを予防

椎間板ヘルニアを予防するには、筋肉を鍛えておかなければなりません。
重要な筋肉は色々ありますが、普段の生活においてなかなか使う事が少なくなっているのが、いわゆるインナーマッスルです。

腹横筋はみぞおちから恥骨までの範囲を、内臓を取り巻くように走っています。
咳をした時に力が入る部分で、出ているお腹を意識してつい引っ込める部分、というと分かりやすいと思います。

腹横筋も側筋の1つで、内腹斜筋の更に深い階層に位置したインナーマッスルです。
下位の肋骨を引き下げる事で腹圧を下げる役割を果たしています。

腰痛の時には腰痛ベルトをしますが、実はベルトによって「強制的に圧力をかけ、横隔膜を押し上げ脊柱起立筋を起こす」という一連の流れで、痛みを抑える事ができるのです。

腹横筋の役割は「下位肋骨を引き下げ、腹圧を上げる」こと、つまり、腹横筋は筋肉による腰痛ベルト・コルセットといえるのです。

腹横筋をしっかりと使いこなし鍛えるという事は、自分の腰部に筋肉による腰痛ベルトを仕込むことになり、自前の筋肉コルセットが完成することになるのです。

当然ながら 自前の筋肉コルセットは、市販の腰痛ベルトとは比べ物にならないほどの力を発揮します。

腹横筋は外腹斜筋の中にある内腹斜筋よりも 更に深部にある側筋です。
腹横筋の筋繊維は腹直筋とは全く正反対で、字のごとく横向きの腹肉でから、鍛えるには「回転」「捻り」の運動が重要となります。

しかし、最初は腹横筋そのものを鍛えるという認識よりも、内腹斜筋・外腹斜筋と連動させることで「自然に鍛えられる」という感覚で取り組むのが良いで、腹式呼吸でお腹を動かすことが有効的だと云えます。

 内腹斜筋・外腹斜筋の「斜め」の筋肉を扱えるようになれば「横」の腹横筋も使いこなせるようになってきます。
椎間板ヘルニアを予防するには、筋肉を鍛えておかなければなりません。
重要な筋肉は色々ありますが、普段の生活においてなかなか使う事が少なくなっているのが、いわゆるインナーマッスルです。

腹横筋はみぞおちから恥骨までの範囲を、内臓を取り巻くように走っています。
咳をした時に力が入る部分で、出ているお腹を意識してつい引っ込める部分、というと分かりやすいと思います。

腹横筋も側筋の1つで、内腹斜筋の更に深い階層に位置したインナーマッスルです。
下位の肋骨を引き下げる事で腹圧を下げる役割を果たしています。

腰痛の時には腰痛ベルトをしますが、実はベルトによって「強制的に圧力をかけ、横隔膜を押し上げ脊柱起立筋を起こす」という一連の流れで、痛みを抑える事ができるのです。

腹横筋の役割は「下位肋骨を引き下げ、腹圧を上げる」こと、つまり、腹横筋は筋肉による腰痛ベルト・コルセットといえるのです。

腹横筋をしっかりと使いこなし鍛えるという事は、自分の腰部に筋肉による腰痛ベルトを仕込むことになり、自前の筋肉コルセットが完成することになるのです。

当然ながら 自前の筋肉コルセットは、市販の腰痛ベルトとは比べ物にならないほどの力を発揮します。

腹横筋は外腹斜筋の中にある内腹斜筋よりも 更に深部にある側筋です。
腹横筋の筋繊維は腹直筋とは全く正反対で、字のごとく横向きの腹肉でから、鍛えるには「回転」「捻り」の運動が重要となります。

しかし、最初は腹横筋そのものを鍛えるという認識よりも、内腹斜筋・外腹斜筋と連動させることで「自然に鍛えられる」という感覚で取り組むのが良いで、腹式呼吸でお腹を動かすことが有効的だと云えます。

 内腹斜筋・外腹斜筋の「斜め」の筋肉を扱えるようになれば「横」の腹横筋も使いこなせるようになってきます。