椎間板ヘルニア治療「神経ブロック」

椎間板ヘルニア治療「神経ブロック」

椎間板ヘルニアは、ヘルニアのタイプによっては自然に縮小することが最近になって認められるようになりました。
したがって日常生活が極端に困難な場合以外は、積極的に保存療法を行うことで症状が改善される確率が高いと言えます。

そこで重要になるのが、急性期の痛みの除去です。
自然縮小が期待できるタイプのヘルニアであれば、急性期の痛みをうまくコントロールし、軽減できれば、あとは弱っている筋肉などの機能回復のためのリハビリを経ると、4~5ヶ月程度で症状も落ち着いてくるはずです。

痛みがそれほど強いものでなければ、鎮痛炎症薬の服用だけでも症状が軽減することも少なくありません。

しかし、痛みが強くそれが持続する場合は神経ブロック療法で対処します。
神経ブロック療法は、痛みの原因となっている神経の部位やその周辺に特殊な専用の針を用いて局所麻酔薬やステロイド剤などの抗炎症剤を注入する治療法です。

神経ブロック療法を1ヶ月~3ヶ月ほど継続すると、強い痛みも徐々になくなってきます。
神経ブロック療法を行った患者さんの、7~8割の方に改善がみられています。

椎間板ヘルニアでよく用いられる神経ブロック療法は、「硬膜外ブロック療法」「神経根ブロック療法」「椎間板造影・ブロック療法」の3種類です。
ブロック療法に使う針は採血に使う一般的な針よりも細く、あまり痛くないそうです。

【硬膜外ブロック】

脊髄は身体の中枢部分であり、身体の機能をすべて管理している重要な部位です。
脊髄には、脊髄を覆う膜があり、その膜の中で、一番外側を包んでいる膜を「硬膜」と言います。

その硬膜と黄色靭帯の間には、数ミリの隙間があり、その隙間に(硬膜外腔)局所麻酔を行い、痛みという神経機能をブロックします。

また硬膜外ブロック注射はブロック注射の中で、最も安全性が高いブロック注射と言われています。

【神経根ブロック】

神経根ブロック注射は、激しい痛みを抑制するために使われます。X線画像を見ながら神経根に直接針を差し込んで、局所麻酔剤・抗炎症剤(症状によって)を注入します。

【椎間板造影・ブロック療法】

X線画像を見ながら原因部位を診断し、障害されている椎間板に直接抗炎症薬と局所麻酔薬を同時に注入する治療です。

神経ブロック療法は、椎間板ヘルニアの治療としては、もはやポピュラ―なものとなっています。
抵抗感のある方もいるでしょうが、治療法としても安全性の高いもので、初期治療として有効な治療法と言えるでしょう。