背骨は体の中でもかなりの負担がかかっている

背骨は体の中でもかなりの負担がかかっている

背骨を考えてみると、たった一本で実に多くの役目を果たしている事になります。人間にとって一番大きな臓器と考えることができる脳でさえ、背骨がなかったら機能できない事になると言えるでしょう。まさに中枢部であり、最重要器官ということができます。それゆえに背中の中心というもっとも安全な場所にあることになり、そして強靭な骨とクッションである椎間板によって保護されていることになります。この重要器官に何らかの異常が起こってしまうのが椎間板ヘルニアになります。

担っている機能が大きいため症状としても人に大きな影響を及ぼし決して軽い症状とはいえないものを示してきます。治療のニーズなども高く、治療に関しての技術なども確立されてきていると言えるでしょう。しかし考えてみるとこんなに重要な器官がひとつだけしかないということにもなるので、その負担は非常に大きいことが想像できます。ある意味症状の一つや二つ出てしまっても当然と考えることができるかもしれません。