中枢器官としての負担

中枢器官としての負担

背骨は単に人の姿勢を保つ為に存在しているわけではありません。しっかりと姿勢を保てるようにしてくれるほか、重要な神経を各場所に行き届かせるために存在しています。そのため背骨の中には非常に太い神経が通っていて、そこから多くの場所に神経が運ばれていく事になります。これは重要なことであり、この背骨がしっかりしていなければ、手や足に命令を送ることができなくなってしまい、者を食べることや呼吸をすることが難しくなってしまう時さえあります。背骨は人間にとってなくてはならないというのはこの神経的な意味でも大きくいえることになります。

もしこの役割を背骨以外が担ったとしても上手くはいかない事になるでしょう。どこかで神経が傷ついてしまったり、または切れてしまうなんてこともあるかもしれません。中枢神経の大切なはあまり意識することができないかもしれませんが、椎間板ヘルニアなどの症状を体験した時、中枢神経の存在をしっていくことができるようになる場合も多いです。