少しでも負担を軽くしていくこと

少しでも負担を軽くしていくこと

背骨は強度や柔軟度などが十分にありとても強力な器官です。しかしそれでも当然疲れが溜まってしまったり、無理が加わりすぎると壊れてしまうものです。絶対に壊れない存在は人の中にはないことになります。意外と些細なことで簡単に壊れてしまう時もあります。このような状況を防いでいくためには何よりも負担を減らしていくことです。中枢器官としての負担を減らすことは到底出来ないことになりますが、重力からの負担を減らすことは人でもできることになります。簡単に言えば寝てしまえば背骨の負担は非常に大きく減っていくことになります。誰でもできることですが、実に重要なことになっていると言えるでしょう。これを実現させていくのは大人になるにつれてだんだん難しくなっていきます。

子どもの時から寝る習慣をしっかりつけておくのはこのような面でも非常に重要になっていると言えます。子どもの時から背骨に負担がいきわたってしまうようなことはできるだけ避けておきたいところとなるでしょう。