腰椎椎間板症

腰椎椎間板症

椎間板の変性による腰痛が生じた状態を腰部椎間板症と呼び、腰椎椎間板ヘルニアに発展する可能性が高い疾患です。

椎間板は脊柱を構成している、いわば1つの部品で、脊柱は椎骨が積み重なって構成されています。
椎間板はブロック状の椎骨と椎骨の間に存在し、脊柱に可動性を持たせることと、クッションとしての役割も果たしている軟骨です。

椎間板はアンパンのように中央のゼリー状の髄核(アン)と外側の線維輪(パン)で構成されています。

椎間板は力学的負荷を常に受けている部位で、その為変性も早くから始まり、10代後半から加齢やストレスなどで髄核の水分が減少し、すなわち老化が始まってきます。

こうした老化現象によって、椎間板の支持性が低下し、またクッションとしての役割が充分に果たせなくなり、周りの神経を刺激したり、靭帯や関節、筋肉に負荷がかかるようになって、腰痛が起こるのです。

症状には急性、慢性の腰痛があり、体を動かした時、とりわけ前にかがんだ時に痛みが強くなります。
極めてまれに下肢症状や膀胱直腸症状は伴うことがあります。

検査は、腰椎椎間板症も腰椎椎間板ヘルニアと同様に、レントゲン写真では大きな異常が認められない事が多く、MR検査が必要となります。

治療は保存療法が基本となり、鎮痛剤の服用やコルセットの装着を行います。
ほとんどの場合保存療法で症状が軽減しますが、ごくまれに日常生活が制限される様なひどい腰痛が長期に続き、手術が必要になる場合があります。

MRIで椎間板に異常が見られたからといって、必ずしもその人全てに腰痛が出るわけではありませんので、腰部椎間板症の診断には豊富な経験と専門知識が要求されます。
腰痛が長引く場合は、早めに脊椎脊髄病専門医の診察を受けることが必要です。