椎間板ヘルニア、痛みの由来は

椎間板ヘルニア、痛みの由来は

CTやMRIなどの画像診断では明確にヘルニア状態であるにも関わらず、強く痛みを訴える患者と、全く痛みを訴えない患者がいるのですが、これはどうして起こるのでしょうか。

感覚というのは、人間や動物が生きていくために必要な情報を受け取る役割を担っているものを感覚と呼んでいて、極めて主観的なものです。
痛みも感覚ですから、人によって痛みの感じ方、表現のし方には相違があるのも当たり前です。

感覚には、外界からの情報と、生体内部からの情報があり、皮膚感覚、深部感覚、内臓感覚があります。
感覚が生じる仕組みは、「刺激」と刺激を受け取る「受容器」で成り立っており、受容する刺激(情報)の種類によって、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、皮膚感覚、運動感覚、平衡感覚、内臓感覚の8種に分類されています。

運動感覚は深部感覚ともいい、筋肉、関節などの身体内部からの感覚、例えば、筋肉を伸ばす、縮めるという刺激を受容器が受け取って、筋肉が伸びている、縮まっているという感覚を認識するという事になるのです。
また、長時間作業の後、肩が凝ったと感じるなども生体内部の感覚で深部感覚です。

椎間板ヘルニアの痛みは運動感覚によって生じていることになります。

皮膚感覚の中のひとつに痛覚があります。
痛覚は、他の皮膚感覚が身体の内外におこったできごとを感じさせるという機能をもつのに対し、加えられた侵害から身体を防御するという機能をもっています。

痛みなどのような、侵害性の刺激に応答する受容器を侵害受容器といいます。その侵害受容器は自由末梢神経終末構造を示し、自律神経と一緒に走っている求心線維(有髄線維)や、脊髄神経の求心線維(無髄線維)によって痛みが伝わります。

有髄線維は速い痛み、無髄線維は遅い痛みを伝えます。
仕組みは皆同じなのですが、痛みを感じる度合いや感覚は人それぞれに違います。
ですから、同じ状態だからといって、同じ痛みを感じているのかというと、決してそうではないことになります。