腰椎椎間板ヘルニア、痺れという危険な症状

腰椎椎間板ヘルニア、痺れという危険な症状

腰椎椎間板ヘルニアでは、腰の痛みの他に足のしびれを訴える患者さんがほとんどです。
症状としては通常、体の片側だけに症状が現れるのが特徴ですが、腰の痛みに加えて、片側のお尻から太ももの裏まで、また足のふくらはぎの裏から外側にかけて、しびれを感じる場合が多くなります。

足のしびれとともに足の親指を反り返すほどの力が入らない場合や、また、足にも力が入らず筋力の衰えを感じるという場合は、腰椎椎間板ヘルニアの可能性が高いと判断されます。

坐骨神経は、腰からお尻、太ももの裏から足のふくらはぎ、さらに足の先まで走っている太くて長い神経です。

足のしびれが起きる原因は、椎間板の中心部にあるゼリー状の髄核が、その外側にある繊維輪を突き抜けて、神経根である坐骨神経を圧迫することが原因で起こります。
このため、坐骨神経痛は、腰椎椎間板ヘルニアの顕著な症状として、現れてきます。

思い当たる原因がないのに、足にしびれが現れている場合は要注意です。
症状がそのまま進行しますと、下半身全体の感覚が低下し、足に触ってみても触感がなかったり、体温調節ができないため足が冷えてきたり、悪化すれば排尿や排便の障害になったりします。

背骨には脊柱管と云う管があり、その中を脊髄神経が走っています。
骨に囲まれた脊髄神経は、椎間板から突き出た髄核などで圧迫されても逃げ場がありません。
逃げ場を失った脊髄神経は圧迫により損傷してしまい、下半身にマヒが起こる事になります。

このように、腰の痛みだけではなく、足にしびれを感じた場合は腰椎椎間板ヘルニアの危険性が高いと云えます。

また、足に痺れを生じるのは腰椎椎間板ヘルニアのみでなく、下肢閉塞性動脈硬化症などという重篤な病気の場合もあります。

足に痺れと云う違和感を感じた場合、年齢のせい、などと思わずに早めに病院での診察を受けるべきです。
痺れは高齢者にとっては、とりわけ注意を要する症状なのです。