腰椎椎間板ヘルニアの診断「反射検査」

腰椎椎間板ヘルニアの診断「反射検査」

腰椎椎間板ヘルニアの疑いがあって診断をする場合、医師は問診や画像診断などと共に、体の特定の部位を動かして、その自然な反応を見るための理学的な検査、反射検査を行います。

腰椎椎間板ヘルニアがどの程度神経根を圧迫しているのか、つまり、坐骨神経への影響を調べるために用いられるのが、アキレス腱反射や膝蓋腱反射で、これは、膝の下やアキレス腱をハンマーなどで軽く叩いて、結果として反射が起こるかどうかを調べる検査です。

また、足に触れた場合に単純に触覚があるかどうかを調べる知覚検査や、筋力検査として、足の親指を反らせたり他の足指を動かす力がどのくらいあるかを調べる検査も行います。

また、腰椎椎間板ヘルニアの有無を調べるために、下肢伸展挙上テストが行われます。
これは、仰向けに寝た姿勢で脚を伸ばしたまま上方へ上げていきますが、正常な場合は80~90度まで上げられるのに対し、腰椎椎間板ヘルニアにより、坐骨神経の神経根が障害されていると、30~40度で下肢の痛みを訴えることが多くなります。

また、神経圧迫が酷くなると、約10度程度で下肢の痛みを訴え上がらなくなります。このような状態ではかなり重症な部類と判断され、手術が検討されます

理学的な検査にレントゲンやMRIなどの画像診断を併用して、腰椎椎間板ヘルニアの症状を確定しますが、腰椎椎間板ヘルニアの症状が悪化してきて下肢の症状が次第に現れてくることがしばしばです。

このような場合には、反射テストや画像診断ができないというケースもありますので、そのような場合には、ブロック注射などを用いて、痛みを軽減させてから検査をするか、ベッドで安静にして痛みが消えるのを待ちます。