適度に体を動かす人とそうでない人

適度に体を動かす人とそうでない人

体を動かせるかどうかというのはその人の生活スタイルが影響してきているという事もできますが、その人の性格が影響してきているという事もできます。性格的に運動をすることがあまり好きではない人の場合、椎間板ヘルニアになってしまうことがあると言えるでしょう。運動のし過ぎで体を痛めてしまうこともあるかもしれませんが、しないとしないで体全体の筋肉が衰える事になるので、当然リスクは高まってきます。適度に体を動かすことを意識しておけば、腰部分の筋肉を鍛えたり体の柔軟性を取り戻していくことは十分に可能となります。仮に体をどうしても動かしたくないという人は、寝転んだ状態で足を上げたり、体をひねったりするストレッチでも十分な効果があると言えるでしょう。

無理に体を動かすのと、体を全く動かさないのとではどちらが良いのかというのは難しいものがありますが、どちらの場合も椎間板ヘルニアのリスクが高まってしまうことになるので注意が必要です。