椎間板には膨大な負荷がかかっている

椎間板には膨大な負荷がかかっている

人の体の関節などは頑丈でありますが、やはり毎日酷使されていると当然痛んできます。頑丈でありながら柔軟性を持っている人の体は再生をすることができますが、一度傷ついてしまったものが本当に完璧に治るということはあまりありません。治っては傷ついてということを繰り返していくことが多いです。

椎間板ヘルニアにもそれは言えることになりますが、椎間板の場合他の関節以上に大きな負荷がかかっている事もあります。そのため壊れやすくなってしまうと言えるでしょう。その負荷の大きさは自分の体重からでは考えることができないほど大きなものになっていることもあって、当然それだけの負荷に椎間板が耐えられることもありません、余分な負荷が椎間板の周囲の組織に影響してしまい椎間板ヘルニアになってしまうこともあると言えるでしょう。とにかく大きな負荷がかかっていることになるということになります。それを知っておくと体をいたわる気持ちが少し大きくなっていくようになると言えます。