些細なことで椎間板を大切にすることができる

些細なことで椎間板を大切にすることができる

椎間板が機能していない時間帯は人の生活の中でほとんどないと言えるでしょう。多くの場面でしっかりと衝撃を吸収してくれていることになります。そんな椎間板を大切にすることができればそれは椎間板ヘルニアへの対抗策になると言えます。常に負担がかかることになるので、負担を全くなくしてしまうことは不可能に近いものがあります。しかし軽くしていくことができれば椎間板の機能は回復し十分負担にも耐えてくれる、または跳ね返してくれる力を蓄えることができるでしょう。椎間板の疲労を回復させるにはやはりストレッチなどが有効です。体を伸ばしたりすることで筋肉を伸ばし機能的にしてくれます。

また何かにぶら下がるというのも有効的です。腰への負担を一時的に大きく減らすことができて、疲れの解消につながるでしょう。背伸びと同じような感覚を覚えることができることになります。ただ、腰が痛い時や背筋を伸ばしてはいけない時にやってしまうと悪化の原因になるので注意が必要です。