レーザー治療(PLDD)のメリット・デメリット

レーザー治療(PLDD)のメリット・デメリット

椎間板ヘルニアの手術において、「日帰り手術が可能」「体への負担が少ない」など、早期の社会復帰を望む方や、女性の希望である「傷口が残らない」などのニーズから、レーザー治療(PLDD治療)行う病院・医院も増えてきました。

「保存療法」と「切開しての手術」の中間的治療法で、日本では1992年から行われています。
残念ながら全ての椎間板ヘルニアの患者に有効なわけではありませんが、PLDD治療が、適応する椎間板ヘルニアを患う方々には、大きなメリットが期待できる治療法です。

PLDDは簡単に言えば、『レーザーで椎間板内の圧力を軽減する』手術です。

X線透視下で背中から針を椎間板に刺し、針の中に細いレーザーファイバーを通して、ヘルニアを起こしている髄軸ではなく、線維輪内に留まっている髄軸にレーザーを照射し、焼灼します。
それによって線維輪内に空洞を作り出し、椎間板内の圧力を減少することによって後方に突出したヘルニアが引っ込み、圧迫が解除されるようになります。

その間、わずか15分足らずという短時間での処置になります。
また、術後の安静時間は1時間~3時間程度となり、「日帰り手術」が一般的です。

従来から行われていた椎間板ヘルニアの治療には、外科的な手術 「LOVE法」「MED法」「PN法」等があります。
これらは、椎間板から突出してしまった髄核部分を切除して、摘出する方法で、入院期間が長く(1~2ヶ月)、合併症のリスクがある手術です。

一方、レーザー治療(PLDD)は、椎間板中央部寄りの突出していない髄核を、レーザー照射によって「蒸発」させる事で、椎間板内の圧力を下げ、突出した髄核(ヘルニア)を椎間板内に引き戻す(吸い込む)という治療法です。

このレーザー治療(PLDD)は初期段階のヘルニア、(内側からの圧力で押し出されている段階)に対しては非常に効果的ですが、重度のヘルニア・・・つまりヘルニアが巨大で椎間からはみ出てしまっている為に、内側の圧力を下げても余り効果が得られない可能性があります。

PLDDは「日帰り手術が可能」「体への負担が少ない」「傷口が残らない」などメリットは沢山あるのですが、デメリットとして健康保険の適用にはなっていないので自費診療となるという事です。。

又、椎間板ヘルニアの部位や状態によりPLDD治療にかかる費用は変わります。
レーザーを照射する箇所の数やその他にかかる費用を含めて、事前に確認しておくようにしましょう。