椎間板ヘルニアを予防する為に「筋肉をバランスよく鍛える」

椎間板ヘルニアを予防する為に「筋肉をバランスよく鍛える」

椎間板ヘルニアの原因には「筋肉の衰えや機能不全、疲労」など、筋肉に関わることがあります。

人間の体には合計で400もの筋肉があるのですが、多くの人はその筋肉をバランスよく鍛えられていないのです。

筋肉を限定的に鍛えるよりも、全身の筋肉を上手く使って負荷を分散させるようにすれば、腰部にかかる負担も軽減され、腰椎椎間板ヘルニアへのリスクも少なくなってきます。

椎間板ヘルニアを予防するためには「全身の筋肉をバランスよく適度に使う」ことです。
1つの筋肉を鍛えて力をつけても、その筋肉と他の筋肉の間に力の伝達能力がなければ他の筋肉には単に「負担」がかかるだけです。

「筋トレはキツイ」と思う方もいらっしゃるかもわかりませんが、それは「身体を疲れさせている」だけで間違ったトレーニング方法だという事になります。
身体を疲れさせるのではなく、筋肉を使い鍛えるのです。
根本問題は筋肉の使い方という事になります。

我々が筋肉トレーニングというと思いつくのが「腹筋」「背筋」「上腕二頭筋」「大腿四頭筋」などで、いずれも鍛える事によって見た目が随分と変わってくる「見える筋肉」です。

しかし、これらの筋肉を活用するには、その周辺にある小さな筋群との連携ができることが重要で、筋肉同士の連携効果が生まれることが大切なのです。

筋肉は常に複数の筋肉が連携することによって大きなエネルギーを生み出していますので、偏った鍛え方をして、1つだけ突出した筋肉を作っても、周囲の筋群に負担がかかり足を引っ張り効果はありません。

つまり、重要なのは全体のバランスで、そのバランスのとれた筋肉を上手く使う事です。
「今はこの筋肉を使っている」と頭で理解する事ができるようになれば、筋肉の使い方は完全なものになるでしょう。

椎間板は、比較的若い頃から変性が始まってしまいます。椎間板の変性を補うだけの筋力をつけておけば、椎間板ヘルニアの予防になる事は間違いありません。