ヘルニアの突出する方向

ヘルニアの突出する方向

椎間板の中心部には、ゼラチン状の髄核があります。
その髄核を、コラーゲンを豊富に含む線維輪が、シートの層になって同心円状に包んでいます。

髄核内の圧は、あらゆる方向に力を及ぼしながら、椎骨の間で体重の負荷を受け止め支えています。
線維輪は、体幹の動きに合わせた髄核の変形を受け止めるだけの十分な柔軟性を持っています。
脊柱の椎骨と椎骨の間には、その椎間板が存在して脊柱の自由な運動を可能としています。

椎間板は体を自由に動かすために重要な役割を持っていて、靭帯により周囲が強化されていて、少々の事では障害は受けにくくなっています。

前縦靭帯は、椎骨の全前面をおおい、椎間板の前部外層となっています。
後縦靭帯は、椎骨の後部をおおい、椎間板の後部外層を形成します。
こうした縦靭帯により、脊柱の動きを制限しながら、椎間板の輪部を強化しています。

しかし、後縦靭帯は、脊柱の腰仙部で狭くなり、このレベルで保護力や支持力は低下してしまいます。
そのために、椎間板ヘルニアは後外側へ突出することが多くなります。

このレベル・高位には、坐骨神経根があり、突出したヘルニアによって神経根が障害を受けることになり、多数の椎間板ヘルニアで、片側性の坐骨神経痛を発症するのです。

ヘルニアが脊柱管の方に出るタイプですが、椎間板のほぼ真ん中に出るのが正中型で、後者は左右いずれかに偏って出るのを傍正中型と云います。

正中型ヘルニアは脊柱管の左右に位置する神経には当たりにくいのですが、ヘルニアが大きい場合には、左右複数の神経が刺激されることがあり、脚や尻の痛みやシビレが出現します。
また、脊柱管全体を狭くするような更に大きなヘルニアになると、尿や便が出にくくなる膀胱・直腸症状を合併することも多々あるようです。

一方、傍正中型ヘルニアは、左右いずれかの神経に当たりやすくなりますが、脊髄液の中を通る神経は、ヘルニアの圧迫から逃れるように遠ざかる事が出来ます。
しかし、椎間孔を通過する直前の神経は、移動が制限されてヘルニアに当たりやすくなり痛みや痺れの症状が出てしまいます。