腰椎椎間板ヘルニアの運動療法

腰椎椎間板ヘルニアの運動療法

腰椎椎間板ヘルニアの急性期の治療では安静にすることが特に重要で、基本となります。椎間板ヘルニアによる、強い痛みが持続している場合、鎮痛剤などの服用、コルセットの装着、などを併用して安静にすることが必要です。

また慢性期に入っても、痛みが強い場合には鎮痛剤などを用いて安静を維持する必要がありますが、痛みが軽い時、痛みが無い時にはコルセットを外して運動療法を取り入れ、腹筋・背筋の強化を図るようになります。

椎間板ヘルニアの運動療法は、治療が終わった後の再発防止のためや、予防のためでもあります。

医師と相談しながら、正しい方法で体を動かしたり筋肉を伸ばしたりと、少しでもいいので毎日行うことが大切です。
定期的に体を動かしていけば、椎間板ヘルニアの運動療法として効果が出るのです。

椎間板ヘルニアの痛みの原因は筋痛症であり、筋肉をよくほぐし伸ばすことで、この痛みを緩和させることが出来ます。

無理にたくさん運動をしたり、痛いところまで伸ばしたりしてはいけません。
1日に30分程度でいいので、運動の為の時間を作って、 筋肉と関節をしっかりと伸ばしてみて下さい。

身体が硬ければ、それだけ普段の行動においても弊害が多くなりますので、腰椎椎間板ヘルニアの再発や予防としても普段からストレッチを習慣化させることが大切です。

ヘルニアを持っていても痛みを感じなない場合があり、症状は人それぞれですが、ゆっくりと体を伸ばすことによって、血行が促進され、筋肉が健康になりますので、痛みがない場合でも、ストレッチ運動は効果的なのです。

運動療法の一つに、ウォーキングがあります。
ウォーキングは、腰椎椎間板ヘルニアの術後のリハビリの基本としても用いられ、社会復帰のためには基本です。

初めは歩行器や、手摺などの補助具を用いますが、徐々に普通に歩くことが出来るようにしていきます。
普通に歩くことがほぼ出来るようになったら、正しい姿勢、平均的な歩幅、脚への体重の乗せ方を取り入れて、しっかりと地面を蹴って歩くことができることを目標とします。

痛みがなくなると筋肉トレーニングなどを取り入れることもあります。
腰周りの筋力アップを図る事で、自前の筋肉コルセットができます。

腰部を正常な状態でサポート出来るようにすれば、それだけで腰椎椎間板ヘルニアの痛みも減り、普段の生活ができる状態を長く維持させることができます。

やはり、腰椎椎間板ヘルニアを改善するためには、筋力アップは必須になってきますので、積極的に運動療法を取り入れて行っていくことをお薦めします。