椎間板ヘルニアの症状「痺れ」

椎間板ヘルニアの症状「痺れ」

骨はたえず新陳代謝をくりかえしていますが、歳をとるにつれて新陳代謝が衰えてくるようになり、脊椎にはさまざまな変化が起こってきます。
所謂、骨の老化です。

脊椎のうち、老化が最初に始まるのは、骨と骨との間でクッションの役目をする椎間板です。
椎間板は、早い人になると20歳を過ぎたころから老化が始まると云われています。

椎間板の弾力が低下してくると、クッションの役目が果たせなくなり、椎骨へ直接的な刺激が伝わりやすくなります。

弱くなった椎骨は変形し、椎間板はつぶれた状態になり、内部の髄核が椎骨からはみ出すなどして、椎骨と椎骨の間からでる神経や椎骨内の脊髄神経を圧迫して、痛みやしびれを起こすのです。

椎間板や椎骨の老化は、脊椎のどこにでも起こるのですが、とりわけ負荷が多くかかる頸椎と腰椎に起こりやすくなっています。

老化が原因で頸椎に起こる病気には、頸椎症、頸椎椎間板ヘルニアなどがあり、主に手や腕にしびれが起こります。
腰椎の病気には、腰部椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症などがあり、主にお尻から脚にかけてしびれが起こります。

椎間板ヘルニアでは多くの場合、神経症状は一側(片側)の下肢にあらわれる事が殆どです。
足のしびれや痛みにより足の親指をそり返す力が弱くなった場合にも、腰椎椎間板ヘルニアが疑われます。

椎間板が突出する場所によって、圧迫された神経の支配する範囲に症状が出ます。
ヘルニアが巨大であったり、複数の椎間板が脱出しているときには、稀に両方の下肢に神経症状が出ることもあります。

老化が原因ではなく、脊椎や脊髄にできた腫瘍や関節リウマチ、血液透析が原因でしびれがおこることもあります。