椎間板ヘルニアでコルセットを装着する場合

椎間板ヘルニアでコルセットを装着する場合

椎間板ヘルニアになると、治療の為に、保存療法時、又は手術後を問わず、コルセットを装着することが多くなります。

すれば、腰の部分がしっかりと固定され、立っていたり歩いたりすることがラクになる感じがします。
しかし、長期間にわたって装着していると、次第に筋肉が衰えてきて逆効果となります。

コルセットは着脱が簡単にできるものなので、自分で工夫して、出かける時にのみ使用する、又は何か重いものを持たなければならない時に使用するなど、決めて使うといいかもわかりません。

例えば、仕事で荷物などを多く運ぶケース、また、長時間同じ姿勢でのデスクワーク、逆に、長時間立ちっぱなしなどで腰に負荷をかけ続けるようなケースの場合では、出来るだけコルセットをつけておいた方がいいでしょう。

自宅で安静にしている時にはなるべく外して、痛みがなければストレッチなどをして弱った筋肉を鍛えるようにします。

椎間板ヘルニアを改善するには腰椎周りの筋力強化が必要となります。
腰椎周りの筋力が衰えてしまうと、脊椎や骨盤に負荷がかかり、体のバランスが徐々に崩れてしまい、椎間板ヘルニアの再発につながっていきます。

椎間板ヘルニアの術後のコルセットは、手術の傷が小さい場合は、軟性のコルセット(ダーメンコルセット)を着けます。

このダーメントとは、ドイツ語ではご婦人と言う意味で、西洋の女の人が美容の為に腰に付けていたコルセットがモデルとなっているそうです。

逆に、大きく筋肉をはがしたり、椎弓を切ったり、などの大がかりな手術の場合は、しっかりと腰を固定する必要がある為に硬いコルセットが必要となります。

小さく切って、筋肉をわずかしかはがさない内視鏡手術の場合は、コルセットは不要と言われます。
術後すぐに歩くことも可能ですが、数日間は安静にした方が良いので、その間に外出の際などはコルセットでしっかり固定すると安心です。