椎間板ヘルニアが起こる原因

椎間板ヘルニアが起こる原因

椎間板ヘルニアが起こる原因は様々です。

【日常生活での動作・姿勢】

普段から注意していれば防げる原因として、「姿勢の悪さ」からくる背骨の歪みがあります。
中腰で重い物を持ち上げたり運んだりする事、ゴルフやテニスの素振り等のように腰を強くひねること、デスクワークや車の運転のように長時間の座り仕事を強いられること、など色々です。

これらに共通していえる事は、背骨に負担をかけるという点です。
これらの動作を繰り返すことによって、背骨を構成する椎骨と椎骨の間にある椎間板に大きな負荷がかかり、椎間板ヘルニアの原因となるのです。

【椎間板の老化】

特に腰椎の椎間板には常に大きな負荷がかかっているため、老化現象は20歳を過ぎた頃から始まり、だんだんと弾力性が欠けていくといわれています。

これが進行することで、ちょっとした動作による衝撃や圧迫に耐えられず、椎間板の中心部の髄核が突出しやすくなります。 
こうなると、「日常生活での動作」が引き金となり、椎間板ヘルニアが引き起こされる原因となるのです。

【骨の老化】

骨の老化は加齢によるものもありますが、偏食によるカルシウム不足が、骨粗鬆症や骨の変形を引き起こし、ちょっとした衝撃で骨が欠け、椎間板を潰してしまうケースもあります。
幼少期より栄養のバランスを考えた食事をきっちりと摂るようにしておく必要があります。

【背骨・骨盤の歪み、ズレ】

悪い姿勢で偏った動作をくり返すと、背骨や骨盤にズレが生じるようになります。
骨盤がズレて傾いてしまうと、骨盤の上に乗っている腰椎も傾くことになります。

歪みの悪循環が起きてくると、腰痛を引き起こす原因となる猫背の他にも、O脚・外反母趾などの原因にもなります。
内臓の位置もズレてくるので消化器系の病気も引き起こしやすくなります。

背骨には、本来あるべき生理湾曲があり、首・胸・腰 3つの湾曲が体へかかる圧力をうまく分散させる役目を果しています。
この生理湾曲が狂うと、背骨に大きな負荷をかけてしまうことになります。

これらの事を根本的に解決しようとすれば、正しい姿勢に取り組むことが重要です。
一言に、「正しい姿勢」と、言っても、自分自身では、正しい姿勢のつもりでも、他人に客観的に見てもらうと、全く正しくない事が多々あります。

整形外科などでは、理学療法士の方が適切なアドバイスをしてくれますので、椎間板ヘルニアを経験した方や、日頃から腰痛で悩んでいる方は、プロの指導を仰いで正しい姿勢を身につけて下さい。