腰椎と仙椎の間は椎間板ヘルニアも

腰椎と仙椎の間は椎間板ヘルニアも

腰椎と仙椎の間は、腰椎分離症などがよく見られる部位になりますが、椎間板ヘルニアもよく見られることになります。椎間板ヘルニアだけでなく、他の腰痛でもこの部位は大きく関わっている事が多いです。その理由としては椎骨の特徴が異なる二つが重なると腰痛として出やすくなってしまい、腰椎と仙椎はその特徴を大きく持っているということになります。それゆえに多くの腰痛と大きな関係を持っていることになります。

また腰椎と仙椎は座っている時にも大きな負担がかかってくる場所であり、常に動作を要求される部分でもあると言えます。特徴がちがうだけに動作をしていく度に負担が重なってしまうことになります。そのため椎間板ヘルニアなどの症状として出やすくなっていると言う事ができるでしょう。どうしても体重などの負担がかかってきてしまうので細かい小さな運動でも負担が大きくなりがちになるということになります。

この腰椎部分の負担をしっかりととっておくことは非常に大きな効果をもってきます。たまりにたまったストレスをしっかりと発散する事ができれば、それだけ腰痛とは縁遠い生活にする事ができるでしょう。休むだけでなく運動をしていくことも重要であり、ウォーキングなどは症状が出ていないときには重要な運動になっていく時もあります。当然睡眠をしっかりととる事も良い休息になり、腰にたまったストレスを発散していくことができるでしょう。

椎間板ヘルニアがこの部分で出てきてしまうと当然痛みなどによって座る事ができなくなってしまう時もあります。寝ているほうがずっと楽に感じることもあるかと思います。それだけ多くの神経などが関与している部分でもあり、敏感な部分でもあるといえます。安定性をしっかりと確保するために腰椎があることになりますが、一度安定性を失ってしまうと、そこから回復するのはなかなか大変なことになります。できるだけ簡単に回復できるように、治療に専念する事は非常に大切なことになっていきます。治療に専念する事で体全体の筋力などが弱ってしまうこともあるかもしれませんが、ある程度は仕方がないといえます。

体全体の筋力がある程度弱ってしまっても良いのでしっかりと腰椎部分の椎間板ヘルニアを治しておくことが大切です。動作の中心とも言える部分なので、そこをしっかり完治させておけば、落ちていって全身の筋肉を後でしっかりとつけていくことはできます。