経皮的内視鏡下椎間板摘出術PELD

経皮的内視鏡下椎間板摘出術PELD

腰椎椎間板ヘルニアの治療の基本は、安静にすることが第一とし、薬物の服用、コルセットの装着、ブロック注射などの保存療法です。
これらの保存療法が無効であった場合には手術が行われます。

手術方法としては、主に顕微鏡下ヘルニア摘出術、内視鏡下椎間板摘出術、経皮的髄核摘出術があります。
最近、低侵襲手術として着目されているのが、経皮的内視鏡下椎間板摘出術PELD(Percutaneous Endoscopic Lumber Discectomy)です。

経皮的内視鏡下椎間板摘出術は、直径7mmの微小内視鏡を使用して行う最小侵襲手術です。

腰椎椎間板ヘルニアの手術方法のひとつで、皮膚切開が小さく、体にやさしい手術方法で、入院期間が短く、早期退院、早期社会復帰が可能な手術です。

一般的な顕微鏡下の手術では、全身麻酔下にヘルニアを摘出するために靭帯、骨を一部切除するため、身体への負担は大きく、入院日数も多くなります。

PELD手術は椎間板の後側方から神経根を圧迫している腰椎椎間板ヘルニアを直接摘出する方法です。

うつ伏せ、あるいは横向けで行いますが、症例に応じて全身麻酔か硬膜外麻酔を行い、7mm程皮膚を切開します。

切開した小さな穴にチューブを設置し内視鏡や専用の手術器具を挿入します。TVモニターを見ながら、手順に従ってヘルニア等を取り除きます。

PEDは靭帯や、骨を切除することなく椎間板(ヘルニア)だけを切除しますので術後の疼痛が少ないことが特徴で、そのため早く社会復帰ができることが利点です。

しかし、下記のような場合はPELD手術は適用されませんので、術前に詳細な検査、また医師との話し合いが必要となります。

1、脊柱管狭窄を合併している
2、椎間腔が狭くなっている
3、ヘルニアが椎間板レベルから頭側、もしくは尾側に1㎝以上脱出している
4、以前に同じ箇所のヘルニア手術を受けた既往のある方