椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

人間の背骨は24個の骨(椎骨)で形成されています。そして椎骨と椎骨の間にはクッションの役割を果たす「椎間板」と呼ばれる円形の繊維軟骨が存在します。

椎間板は中心部がゼラチン状の「髄核」、周辺の固い部分はコラーゲンを含む「繊維輪」で構成され、椎骨にかかる衝撃を吸収する大事な役目を果たしています。

椎間板ヘルニアは何らかの理由で椎間板の繊維輪に亀裂が生じ、中心部の髄核が飛び出してきた状態をいいます。
分かりやすく例えるなら、おまんじゅうの餡子が皮を飛び出してしまったような状態です。

飛び出した椎間板が周囲の神経を圧迫するため激しい腰痛や下肢のしびれ、坐骨神経痛などを引き起こし重症の場合は排尿障害を起こすこともあります。

人は加齢により骨の中心の髄液から水分が減り、衝撃の吸収力を徐々に失います。
と同時に椎間板も年齢とともに弱くなり諸々の痛みを引き起こすことになります。

日ごろから椎間板には過剰なストレスを与えないことが大切です。
重いものを持つのを控える、中腰の姿勢での作業は避ける、など日常生活の中で
注意するとともに、腹筋・背筋を鍛えて腰への負担を軽減することも椎間板ヘルニア
の予防として大切です。