椎間板ヘルニアの治療法、マッケンジー体操

椎間板ヘルニアの治療法、マッケンジー体操

「マッケンジー法」が、最近椎間板ヘルニアの治療法として、注目を集めています。
このマッケンジー法とは、ニュージーランドの理学療法士、ロビン・マッケンジー氏が考案した腰痛を治療するストレッチの方法です。

「マッケンジー法」は、今までタブーとされてきた腰を反らせるというストレッチにより腰痛を治療するという方法です。

やり方は、うつ伏せに寝転がり、息を履きながら腕で上体を上げ、腰を反らせていくというものです。
しばらくストレッチした後は、今度は腕の力だけで、上体を上げ下げします。

考え方としては、腰を反らせるエクササイズにより、伸ばされた椎間板を圧迫して飛び出した椎間板を引っ込めるというものです。

日本での腰痛治療で、マッケンジー法は未だ確立しているとは言い難い状況ですが、アメリカや西欧諸国などではすでにポピュラーな腰痛治療方法として定着しつつあります。

日本では科学的根拠が示されていないことから、病院では推奨されていませんが、自分の責任で行うのは全く問題ないので、試してみる価値はあるかもしれません。

ところが、現在では多くの整形外科でも、このマッケンジー体操を指導するようになっています。

日本人の体質や生活習慣にとって昔は良いとされていなかった上体を反らす姿勢が、今ではほとんどの日本人にとって効果があるという一例となっています。

マッケンジーエクササイズは、必ず指導されている専門医のもとで行うようにして下さい。