子供の椎間板ヘルニアと親の責任

子供の椎間板ヘルニアと親の責任

大人よりは患者数は少ないのですが、子供でも腰椎椎間板ヘルニアになる事があります。

腰痛と共に足に響くような痛みを同時に訴えることが多く、運動することで痛みが強くなる傾向があります。
腰の痛みがきつく歩き方がおかしい場合には、医師の診断を仰いだ方が良いでしょう。

子供の椎間板ヘルニアは、大人のように坐骨神経痛や神経障害、下肢のしびれといった症状はあまり起こりませんが、そのまま成長してしまうと、大人になってから椎間板ヘルニアの特徴的な症状が現れることは免れません。

椎間板ヘルニアは姿勢の悪さが大きな原因だと言われています。

社会の変化、生活様式の変化によって、猫背・身体の歪み・運動不足など子供が増えています。
子供の頃から悪い姿勢をしていると、それが習慣となったまま大人になってしまい、癖になってしまった筋肉の緊張や体の歪みなどは正しい姿勢に改善していくには相当の根気が必要になります。
そのため悪い姿勢は子供のうちから治すことが大切です。

子供のころから日常生活での姿勢に注意するだけで、腰痛の大部分は予防することができるのです。

大人もそうですが子供も自分達の姿勢が悪いことに気付いていないのです。
腹ばいになったまま本を読んだり、ゲームをしたりすることもあると思いますが、これは親が注意するべきではないでしょうか。
子供の頃から姿勢を意識することで椎間板ヘルニアを未然に防ぐことができるのです。

また、子どもたちが姿勢を悪くする原因として、心理的と動作的、物質的な要因があります。

心理的な要因としては、学校での人間関係で、ついうつむき加減の姿勢、猫背で生活を送るようになることです。
また、イヤイヤながら勉強する子供達は頬杖をつくなど、姿勢が悪いことが多いのです。

このような悪い姿勢によって背骨が横に曲がったり、背中が丸くなったりする状態が習慣化してしまのです。

次に子供の運動能力低下があげられます。
近年の子供は外で遊ばなくなりました。子供をとりまく周りの環境の影響や、ゲームやパソコンなどの普及によってインドアの遊びが中心になり、 アウトドアで体を動かして遊ぶことが少なってきています。

その為、運動不足と、姿勢不良が生じてしまいます。
成長段階で体を動かすことが、体の発育と共に体を支える筋肉や靱帯の発達にも重要なことなのです。

物質的な要因でいえば、子供の食生活です。
最近は食事が欧米化してきて、野菜を食べることが少ないように思われます。
ファストフードで食事を済ませるなど、食生活は偏った栄養バランスとなり、運動不足とも重なって、肥満が増え、筋肉の発達などにも影響を及ぼします。

子供の場合は発育段階にあり、バランスよく食事を摂ることは極めて重要です。
やはり、親の努力が必要となるところです。