治療中のアンサーショッピング(ドクターショッピング)

治療中のアンサーショッピング(ドクターショッピング)

椎間板ヘルニアの治療法は日本では様々な方法が存在しています。
また、治療機関も色々とありますので、椎間板ヘルニアになった方はどこに足を運べば良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。

どこが一番効果的ということは無く、自分にあった医療機関、治療法を選ぶ必要があると云えます。

重篤な症状の場合で外科手術が必要となれば、自ずと整形外科を利用することになります。 しかし、痛みが慢性的なものであれば、どの治療法が最適ということはないといっていいでしょう。

自分が今現在通っている治療機関や治療法で効果を感じているのであれば、そのまま利用すれば良いと思います。
しかし、人によってはその治療法や治療機関が合わないということもあり得るでしょうから、そういった場合は、思い切って治療機関を変えるということも大切です。

少しでも医師(施術主)や治療法に「不安」が心にあるのであれば、他の治療機関に移っても問題はありません。
そうした「気持ちの不安定」は治療の妨げにもなってしまいます。「無自覚の筋肉緊張」が生まれ易いくなり、医師(施術主)と患者双方にとってデメリットが多くなります。

これは、セカンドオピニオンという考え方も出来ますが、だからと云って自分が求めている答えが出ないからと言って、いつまでもだらだらと治療機関を変え続ける、いわゆるアンサーショッピング(ドクターショッピング)はあまり感心しません。

つまり、「この人なら大丈夫」と心から信頼できる病院(治療院)と医師(施術主)とめぐり合えるまでは治療院/治療法を変えても良いとのですが、自分が「欲しい答えを与えてくれる」治療院を求めてさまよう「アンサーショッピング(ドクターショッピング)」にならないようにしなければならないということです。

症状に全く変化が見られない、自分に合っていないと感じる場合のみ、他の治療機関や治療法を検討するようにしましょう。

整形外科で椎間板ヘルニアであるという診断を受けた場合、痛みから早く解放されたい場合にはペインクリニックを利用してブロック注射を受けるというのも一つの方法です。

その後に接骨院のマッサージや針灸といった手技治療に通うという方法もありますし、もちろん整形外科だけで治療するのも良いでしょう。

できるならば治療機関は変えないようにしたいものですが、治療がストレスとなっては逆効果となります。

本当に信頼でき、精神的に落ち着いた状態で治療を受けることができるかどうかということは大切なことですから、もしそういった状況でないならば、治療機関を変えた方が良いかもしれません。