予防のための栄養素、生活習慣

予防のための栄養素、生活習慣

頸椎椎間板ヘルニアは、ムチ打ち症が原因でなる場合もあり、 そのような場合には予防は困難ですが、椎間板ヘルニアの原因は日常生活にある事が多く、そのような場合には原因を排除することができます。

例えば、腰椎椎間板ヘルニアの場合、自分の体重が原因となる事もあります。
その原因を排除するためには、自分の適正体重を知り、その体重を維持するために、生活習慣を見直し、食生活を改善するといったことが大切になります。

椎間板は軟骨の一種であり、ヒアルロン酸やコラーゲン、コンドロイチン、などが主成分です。
その為、椎間板の健康のためには、ヒアルロン酸やコラーゲン、コンドロイチン、などを積極的に摂取するようにすれば良い事になります。

ヒアルロン酸は多く含まれている食品・・・鶏や鮫の軟骨、うなぎ、海藻、
コラーゲンを多く含む食品・・・ゼリーや牛筋、鶏皮、豚足、
コンドロイチンは多く含む食品・・・海藻、山芋、納豆

などがあり、こういったものも食事から摂取すると良いでしょう。

椎間板は骨粗しょう症が原因となって潰れることもありますので、小魚、乳製品に多く含まれているカルシウムも積極的に毎日摂取するようにしましょう。

摂取すればすぐに椎間板の栄養となるわけではありませんが、続けることで椎間板ヘルニアの予防になります。

また、その他の予防方法として、正しい姿勢を保つことも大切です。
長い時間同じ姿勢でいる、つい猫背になりがちである、重い荷物を持つことが多い、掃除機をかける時に前かがみになる、椅子に座った状態で足元の物を取る、などといった行動は腰に負担がかかり、腰椎椎間板ヘルニアの発症要素となります。

日常生活の中で、意識すれば改善できることは沢山あります。
ちょっとしたことに配慮するだけで予防に繋がります。