手術しても痛みが残ることがある

手術しても痛みが残ることがある

椎間板ヘルニアの手術をして医師は成功ですと言うのですが、下肢の痛みやしびれ、麻痺が解消しないというケースがあります。

このため患者は疑問に思って別の医師で受診することになります。
このような場合は、手術した箇所のヘルニアが全く取れていないわけではないので、その意味では成功と言えるのでしょう。

しかし、完全に除去しきれていないので、神経への圧迫が残っているから症状が取れていないのが一般的で、このような場合には、もう一度手術を行えば不快な症状は解消することができます。

このようなケースは、まだいいのですが、最悪のケースとして、手術が完璧に行われていても、機能が回復しないことがあります。これは再手術しても効果がありません。

これは、発病してから手術までの期間が長すぎて、その間に、神経が圧迫を解消しても回復できないほど、ダメージを受けてしまったことが要因となっていることが多いのです。
このようなケースでは、患者は痛みを感じないかも知れませんが、例えば、足が正常に動かないような症状では、生活を行うのに大変不便です。

その他、「痛み」や「シビレ」の本当の原因はMRIに写るヘルニアではなく、他に原因があると考えられます。
仙腸関節の機能障害による筋肉の異常な緊張もその一つと考えられています。

早い治療が行われればこのような最悪なケースは回避できます。