椎間板ヘルニア「自覚症状」

椎間板ヘルニア「自覚症状」

椎間板ヘルニアで出現する代表的症状として片側の下肢痛が挙げられます。
臀部から足にかけ猛烈な激痛が起き、咳やクシャミをしても激痛を感じます。

ヘルニアが巨大な場合は、片側だけでなく両側に症状が出ることもあります。
また、脊髄や神経根の圧迫によって坐骨神経痛を引き起こすのも特徴の一つです。

自覚症状として 

*立っているのが辛い 
*椅子に長く掛けていられない 
*30分以上歩くと腰が痛くなり、下肢にビリビリした痛みを感じる 
*下肢の感覚が鈍くなるなど、

日常生活に支障をきたす場合も出てきます。

椎間板ヘルニアを引き起こす要因はいくつかありますが、姿勢の悪い状態を長く
続けていたり、同じ動作を繰り返す作業などは背骨に負担がかかるので、それを軽減しようとして体が歪みをおこすようになることなどです。

まず、一番大事なことは普段から正しい姿勢を維持することです。
そして腰痛や下肢痛を感じたら早い段階で病院に行って専門医の診断に基づく適切な治療を受けることです。
素人判断のストレッチなどは絶対にしないことが肝要です。