椎間板ヘルニアと日常生活

椎間板ヘルニアと日常生活

椎間板ヘルニアの代表的症状として片側の下肢痛が挙げられます。
臀部から足にかけ猛烈な激痛が起き、咳やクシャミをしても激痛を感じます。

ヘルニアが巨大な場合は、片側だけでなく両側に症状が出ることもあります。
また、脊髄や神経根の圧迫によって坐骨神経痛を引き起こすのも特徴の一つです。
こうなると気分的にも参ってしまい、何をするのも億劫になります。

医師によって椎間板ヘルニアであると診断されたらどう受けとめて、治療にあたるかがポイントとなります。
「一生、この痛みが続くのではないか」「まともな生活ができなくなるのではないか」などと悲観的に考える方も少なくないと思います。

結論から言えば、何らかの事情でつぶれた椎間板を完全に回復させるのは難しいことです。しかし、椎間板ヘルニアの多くは数カ月、もしくは半年くらいの内に自然治癒することが多いと言われています。

それぞれの症状に応じた医師の治療は必要です。
また日常生活においては正しい姿勢を心がけ、背骨などに負担をかけないよう意識するという、患者自身のちょっとした努力も必要です。

人間の体が持つ素晴らしい機能「自然治癒力」を信じて、前向きに暮らしていくことが大切です。