椎間板ヘルニアの日常生活における予防策

椎間板ヘルニアの日常生活における予防策

習慣的な悪い姿勢から起こる骨盤のズレ、歪みの悪循環は背骨に負担がかかるばかりでなく、体にさまざまな悪影響をもたらす原因となります。

日常生活において正しい姿勢を保つことで、背骨や腰に負担をかけないようにする事が出来ます。
椎間板ヘルニアを含む腰痛の治療や予防、再発防止、また未然に防ぐためにもまずは正しい姿勢を心がけることです。

専門医でいくら治療を受けても姿勢が悪いと腰痛など症状はなかなか改善されません。
正しい姿勢を身につけ椎間板ヘルニアの予防対策として役立てることが肝心です。
正しい姿勢の人は見た目にも美しく若々しく見えます。

立ったときの正しい姿勢の基本は「頭の真上から体が糸で吊られている感覚」です。
軽く顎を引き背筋、膝をきちんと伸ばします。真横から見たとき、耳から肩、股関節、膝、くるぶしを結んだ線が直線に見えるのが立ったときの正しい姿勢とされています。要はその直線を意識する姿勢が大事だという事です。

また、歩くときも「頭の真上から体が糸で吊られれている感覚」を意識して「足の
かかとから着地する」ことが基本です。

着地の際、力んだり、勢いをつけると膝に負担がかかり膝を痛めることになるので、気をつけてください。つま先を軽く開いて直線上を歩いているように意識してみましょう。