椎勘板ヘルニアで温めることと冷やすことを間違えないように

椎勘板ヘルニアで温めることと冷やすことを間違えないように

椎間板ヘルニアでできる対処方法として患部を温める方法と冷やしていく方法があります。これはどちらも重要であり、どちらか一方だけよりも両方を活用していった方が治療の能率も上がっていきます。しかし絶対に注意しなければいけないものとして、時期によって温めてはいけない時期もあり、また冷やしてはいけない時期もあります。そのためそのような時期に温めたり、冷やしたりすると症状が悪化してしまうこともあるので注意が必要となるでしょう。

一般的に椎間板ヘルニアになったばかりの時期には冷やしていくことが必要になります。これは患部が炎症を起こしてしまっていることと深く関係しており、しっかりと冷やしていくことで患部の炎症を抑えていくことができます。そうなると痛みなどが緩和されていき、すこしずつ楽になっていくことができるでしょう。この時期に温めることをしてしまうと痛みが大きくなってしまうこともあるので、注意が必要となります。

初期の時期が過ぎて、安静から少し運動をしても良い時期に成ってくると今度は冷やすよりも温めることが効果的になってきます。温めていくことで血流を良くしていき、しっかりと筋肉に栄養を行き渡らせることができるようになると言えます。冷やしておくと、血行を悪くしてしまいあまり体に良くないと言えます。またこの段階で冷やすことの意味はあまりなく、発熱などが起こっている場合を除き、温めた方が良いと言えるでしょう。人によっては安静にしていなければいけない時期が延びて、冷やすことが必要になることもあるので、しっかりと観察しておく必要があります。

基本的に運動ができるような状態になってきたら温めることをしておいた方が良いということになるでしょう。正しい対処方法をしておくとそれだけで痛みや症状が緩和されていくことになります。根本的な治療法にはなりませんが、ちょっとの差が非常に大きな差に感じられることになるでしょう。そのためしっかりと正しい知識で行うことができれば誰でも出来る有効な対処方法になると言えます。簡単であるので特別な道具なども用意しないで済むようになり、家の中でも実行していくことはできるでしょう。

不安であれば医師などに時期の確認をしておき、しっかりと正しい時期に正しい対処方法ができるように計画しておくことをオススメします。医師の指示に従っていれば大きな間違いを犯してしまうという確立は低いものになっていきます。