椎間板ヘルニアの治療法・治療機関

椎間板ヘルニアの治療法・治療機関

椎間板ヘルニアの治療法は多々あります。
どういった医療機関を利用するかによって、その治療法は変わってくるのですが、椎間板ヘルニアの場合は最初にレントゲン撮影を行なったり、MRI検査を行う必要があります。

その後で椎間板ヘルニアだと診断されたら、あとはどういった治療法を選択するかということになります。

治療法は、症状や椎間板ヘルニアが起きている場所によっても異なりますし、その人の体質に合った治療法というものがあります。

他の人に有効だったからと言って、それが必ずしも自分に良い治療法とは限りません。
また、実際に施術を行う人や担当医師との相性も大切です。
そういう事も含めて、自分に合った治療法を見つけなければなりません。

【医療機関】

・整形外科ではレントゲン撮影、MRI撮影が行われます。
治療は薬の投与、レーザー治療、牽引・ホットパックといった理学・温熱療法などが用いられます。

・ペインクリニック(麻酔科)では、ブロック注射などで痛みを取るための治療を行います。

・鍼灸院では、自己免疫力を回復させることを目的とし、経絡の気の流れを正常にするため、ハリを使ってツボを刺激するという治療法になります。

・カイロプラクティックスでは、背骨の歪みを矯正することで、椎間板ヘルニアの治療を行います。
健康保険は適用外です。

・接骨・整骨院では、柔道整復術といった方法を用います。
これは、日本の伝統的な医療であり、理学療法や物理療法となり、電気を利用したり、マッサージなどを行います。
健康保険は、適用されるものとされないものがありますので、注意が必要です。

・整体は、主に脊柱矯正を行うことで治療します。

柔道整復術とカイロプラクティックス、そして中国の治療法などを組み合わせて治療を行うものであり、保険は適用外となります。

・その他の治療法にはオステオパシーやローリング療法といった手技療法などがあります。