椎間板ヘルニアを予防する筋トレ

椎間板ヘルニアを予防する筋トレ

椎間板ヘルニアになってしまうとなかなか体を動かそうとは思えなくなってしまうものです。体を動かすとまた症状が出てきてしまうのではという不安が大きくなることでしょう。そのようなことがあると運動ができなくなってしまいます。しかし症状が落ち着いてきてから運動をすることは良いことであり、きつい運動でなければ痛みなどが出てくることはまりないと言えるでしょう。痛みを抑えるために筋トレなどを行なう事もあると言えます。

筋トレでは体の筋肉を鍛えるとともに、血行などを良くしていき、体の機能を正常に戻していこうとする働きがあります。

筋トレと言うと厳しい運動のように聞こえてしまうこともあるかもしれませんが、そのような筋トレを椎間板ヘルニアの時にすることはなく、軽い運動でしかも効率的に行なっていくことが重要になってきます。軽い運動といってもゆっくり行なっていくことでなかなか筋肉に良い刺激になることもあります。ゆっくり行なっていくことで関節に与える負担を減らしながら筋肉を良く鍛えていくことができます。椎間板ヘルニアの時に急な動きや大きくそして激しい動きはやはりあまりしない方が良く、しっかり治って空にした方が良いと言えます。そのためゆっくりな運動をしていくことで筋トレをしていくと良いでしょう。あまり重りなどを持たないようにして自然な重さでトレーニングをしていくことが重要になります。

椎間板ヘルニアの急性期の時にはこのような運動でもしてはいけないことになります。急性期の時にはしっかりと体を安めることが先決であり、運動不足などの問題はあまり意識しないで良いといえるでしょう。この時期では痛みなども活発に出てくることがあるので厳しい時期になることもあるでしょう。しっかりと対処をしていくとだんだん痛みがひいてくるので、その状態になれることができてはじめて運動をしていくこといなります。

自分流に行なうよりもしっかりと専門家にやり方を尋ねた方が効果的な場合が多いです。椎間板ヘルニアで治療をしに医療機関に足を運ぶ事もあるかもしれません。その時に同時にリハビリを受ける事もあると言えるでしょう。それと同時にどのような訓練をするべきかという話をしてみると良いです。そうすることで家の中の訓練でも効果的なものを取り入れていくことはできるでしょう。リハビリで訓練をした時にはそれで十分であることが多く、家に返って再度トレーニングをしていく必要はないと言えます。決まった量そして定期的に筋トレをしていくと椎間板ヘルニアの予防になることでしょう。