椎間板ヘルニアのリハビリ、ウォーキング

椎間板ヘルニアのリハビリ、ウォーキング

椎間板ヘルニアに対する治療方法と予防・再発防止に重要なことは、何といっても運動、つまりリハビリをしっかり行わなければ、本当の治療・予防にはなりません。

椎間板ヘルニアにとってのリハビリは、身体を鍛えるという部分で最も有効的な手段といえるのです。

まずは陸上ウォーキングを取り入れてみましょう。
陸上ウォーキングは、運動量に比べ腰への負担が少ないのです。
しかし、腰への負担が少ないにもかかわらず、腹筋・背筋の強化はしっかりと行う事が出来、そして何よりも、下半身強化に絶大な効力を発揮するのです。

また陸上ウォーキングはマイペースで運動をすることができます。しかも公園など、景色の良い所を歩けば「ストレス解消」にもなります。

そして、水中でのウォーキングも、椎間板ヘルニアの治療・予防に大変効果的です。
水中ウォーキングは陸上での運動と比べると、腰にかかる負荷は10分の1なのです。

つまり、腰・足にかかる負担もとても小さくなるのです。その上、エネルギーの消費量は陸上の1.3倍となります。
筋力強化と体力アップを図るためには、水中でのメリットを活かすと良いことがわかります。
また、水中では痛みを感じることが少ないので、椎間板ヘルニアで痛みが少し残っている場合でも、痛みを感じることなく筋肉の強化ができるというわけです。

陸上、水中を問わずウォーキングは、椎間板ヘルニアの治療・予防以外にも様々な効果をもたらしてくれます。
肥満の解消にもなるので、生活習慣病の予防としての効果もあります。

椎間板は20代から変性を始めます。その為、若い人でも椎間板ヘルニアのリスクは高いといえます。若いうちから、腹筋・背筋を鍛えておくことが大切です。