ブロック注射

ブロック注射

椎間板ヘルニアを発症してしまい、激痛に見舞われた場合、大抵の場合にはまずは安静にして痛み止めの服用をします。

どうしても痛みがおさまらない場合には、一時的な治療法として痛みを緩和するブロック注射が用いられます。

ブロック注射は、神経圧迫による痛みを緩和させるための注射です。
脊髄を覆う膜(硬膜)と黄色靭帯の間には数ミリの隙間(硬膜外腔)があります。
そこに局所麻酔を注入し、神経を麻痺させて脳に伝わる痛みの信号をブロックする治療法です。

ブロック注射には、「腰部硬膜外ブロック」、「仙骨部硬膜外ブロック」の2種類の方法があります。
病院の麻酔科や整形外科で行われますが、非常にデリケートな治療法ですので、施術者の手技(腕・技術)が問われる治療法です。しっかりした熟練の専門医がいる病院で、受診される必要があります。

【腰部硬膜外ブロック】

患者は背中をエビのように丸くして、医師は背骨と背骨の間にブロック針を注入します。薬液は、通常は局所麻酔薬ですが、場合によってステロイド剤を使用します。

万が一注射針が硬膜を貫いてしまえば、その場所から髄液が漏れ出す可能性があり、髄膜炎を発症する原因になります。(髄膜炎は発熱・嘔吐・激しい頭痛を伴います)。

【仙骨部硬膜外ブロック】

患者はうつ伏せに寝ころび、お尻が突き出た格好になるようにお尻の部分に枕を置きます。そのお尻の割れ目の高い部分に、ブロック針を注入させます。薬剤は、局所麻酔薬を使用します。

仙骨部硬膜外ブロックは硬膜外ブロックの中でも少し特殊です。仙骨というお尻の骨の最下部に硬膜外腔につながった穴があり、そこから薬を注入します。
お尻から足の先までの効果的な硬膜外ブロックとなります。

腰部硬膜外ブロックに比べると、硬膜を貫くといった心配はないので、その点では非常に安心できるブロック注射といえます。

万が一仙骨部硬膜外ブロックで頭痛などを発症した場合、局所麻酔薬による急性薬物中毒が原因として考えられます。

「通常、腰に刺す注射は痛い」と言いますが、 ブロック注射に使う針は、採血する時と同程度の針で、あらかじめ更に細い針で十分痛み止めを注射してから行いますので、痛みはさほど感じないようです。

【硬膜外ブロックをする際の注意点】

・当日の入浴は避ける(シャワー程度)
・ブロック注射後の運動は禁物です・・・合併症を引き起こす危険性があるからです。
・心臓病・脳血管障害・アレルギー体質などの発症例がある患者には、硬膜外ブロックはできない・・・合併症を引き起こし、重篤な症状に陥る危険性がある。

また、硬膜外ブロックは完治の為の治療ではなく、一時的に痛みを抑える注射だということを脳裏に留めておかねばなりません。

くれぐれも担当専門医としっかりと話し合ってから、硬膜外ブロックの選択を行うべきと考えます。