椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛

椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛

お尻や足の痛み、しびれを感じて坐骨神経痛なのでは・・・と感じた時、何が原因で坐骨神経痛を発症しているのかを知ることが、後の治療にとって大切なことになります。

自分でできるチェック方法として、まっすぐに立った姿勢から上体を後ろに倒すと痛みが増すときは脊柱管狭窄症が原因での坐骨神経痛で、前に倒した時に痛みが増加するのが椎間板ヘルニアが原因での坐骨神経痛であることが多いのです。

狭窄型の場合は50代以降の人に発症することが多く、ヘルニア型は30代前後の若い人の間にも発症することがある坐骨神経痛です。

日常生活における姿勢や動きなどが、坐骨神経痛の症状に大きく影響してくるため、例えばヘルニア型の坐骨神経痛を患っている人は、からだを前に倒す姿勢や動作はしないようにするといった、日頃から自分の行動に関して注意を払う必要があります。

また、椎間板ヘルニアの改善や予防には腹筋と背筋を鍛える運動がよい云われています。
しかし、痛みがある時はこのような運動は禁物です。
椎間板ヘルニアの急性期にはからだを前後に動かす腹筋運動は行なわないようにしてください。(たぶん、痛くてできないはずです)

他にも、ヘルニアが原因で坐骨神経痛を発症している場合は前傾姿勢になる、あぐらをかく、横すわりをする、やわらかいソファにすわる、足を投げ出す、などはしてはならない行動です。

洗面時に足を伸ばして行なうとからだが前かがみになってしまいますので、少し膝を曲げて洗面するか、20㎝ほどの高さの台に片足をのせると腰への負担が軽減されます。

僅かなことですが、意識するとしないとでは大きな差が出てきます。
椎間板ヘルニアの辛さを二度と味わいたくない方、一度たりとも経験したくない方は毎日の生活行動を、少しだけ意識してみて下さい。