椎間板ヘルニア予備軍とならないためには

椎間板ヘルニア予備軍とならないためには

最近の子どもたちの腰痛事情は、かなり悪くなっていると云われています。
実際、一昔前と比較すると、椎間板ヘルニアの症状を持っている子どもたちが圧倒的に増えているのです。

猫背・身体の歪み・ダラダラ歩きが、子どもたちの間で日常化しており、第三者から見てもちょっと首をかしげるような姿勢の子供が多い事に気づきます。

悪い姿勢の習慣化は、子どもたちのせいばかりではなく、親や学校の先生たちに大きな責任があるのです。

子どもは自分の姿勢が悪いことに、気付いていません。
また、大人になってから姿勢を改めようとしても、矯正は非常に根気のいることで、ややもすると不可能かもわかりません。

子どもの頃からきちんとした姿勢で過ごすことで、椎間板ヘルニアなどの腰痛は未然に防ぐことができるのです。
そして腰痛を未然に防ぐためにも、親や先生たちは子どもたちの行動を注視して、子どもたちが発するSOSを見逃さないようにしなければなりません。

子どもたちが姿勢を悪くする原因は、身長が高いから猫背になるといったような物理的・動作的なものが全てではありません。

例えば、勉強をするのが嫌な子は、頬杖をついたり、異常に前屈みになったりしています。
また、学校でずっとうつむき加減でいる子どもたちはいじめにあっているかもわかりません。

「子どもたちの心が、身体に現れている」ことを察知しなければなりません。
先生たちは、子どもたち行動から情緒不安定な気持ちの部分も、しっかり汲み取ってやる必要があります。

また、近年のテレビゲームやパソコンの普及により子供たちの姿勢も大きく変化(悪化)しています。

寝そべってゲームをしたり、長時間パソコンに向かっていたりなどは、身体の歪みの要因となり、椎間板ヘルニアの予備軍となります。
これも、親が充分に注意を払うべきことなのです。

それが子どもたちに対する思いやりであり、私たち大人の義務でもあるのです。
子供のころからきちんとした生活習慣を身につけていれば、大人になって腰痛知らずの生活ができるというものです。