サイクリングは実は椎間板ヘルニアと大きく関係がある

サイクリングは実は椎間板ヘルニアと大きく関係がある

サイクリングを趣味で行なっている人の中には椎間板ヘルニアを発症している人が意外と多くいます。サイクリングというと健康的な運動のように見えて非常に怪我などからは縁遠いような感じに見えますが、実際は腰痛との戦いがあることが多いと言えます。サイクリングをしている人の中には、椎間板ヘルニアを発症してしまい暫くサイクリングが出来ない状況になっている場合もあると言えるでしょう。

サイクリングは足の筋肉が非常に重要になってきますが、それと同じくらい体幹の筋肉も重要になってきます。というのも自転車に乗っているときの体勢というのは、非常に腰に良くない状況になっていることが多いです。一見楽そうに見える全けい姿勢であっても、腰にとっては非常に大きな負担をかけていることになります。そのため体幹の筋肉をしっかり鍛えておかないと腰の負担に対しての抵抗力が落ちてしまい、椎間板ヘルニアになりやすくなってしまうと言えるでしょう、

サドルの位置やハンドルの位置というのも非常に重要であり、バランスが取れていないとそれだけでも腰への負担は大きくなってしまうものです。少しの調節をするだけで負担の程度というのは大きく変ってくるのでメンテナンスは非常に重要になってきます。サイクリングをする時に、適度に休憩を入れておき、腰の負担を一度リフレッシュする体操をしておくべきと言えます。ずっと座りっぱなしかそれ以上に負担がかかっている場合もあります。休憩と言って座った状態で休んでいるのが逆に腰にとっては負担になってしまうこともあるので注意が必要でしょう。

この自転車での問題は何もサイクリングだけではありません。通勤や通学で自転車を使っている人にとってもかなり関係の深い話しになっていきます。しっかりとした姿勢で乗っていないと、体への負担は非常に大きくなるでしょう。サドルを低くしすぎたりハンドルを高くしすぎたりすることで肩や腰、そして膝への負担が大きくなっていきます。そのようなどこかに大きな負担がかかってくると体のバランスは崩れてしまうことになります。そうなると確実に椎間板ヘルニアでのリスクは高まってくることになるでしょう。日常的にリスクを少しでも小さくしていくことが必要であり、それをしていく意味というのは大きくあると言えます。

自転車を定期的に利用する人は、適度にメンテナンスをしておくことをオススメします。タイヤの空気圧不足なども意外と余計な負担になってしまうものです。