腰椎椎間板ヘルニアの再発

腰椎椎間板ヘルニアの再発

腰椎椎間板ヘルニアでは、手術をしても完治にはならず、再発の可能性を完全に否定することは出来ません。
椎間板ヘルニアの手術をした部位に、再度ヘルニアの症状が出てしまう事を、再発ヘルニアといいます。

せっかく手術をしても、一年位で痛みが再発する原因とはどのようなものでしょうか。
大きな原因は手術の方法にあります。

椎間板ヘルニアの手術には
・ヘルニアの出ている場所だけ取り除く場合
・椎間板の中まである程度ヘルニアをとる場合
の2通りが考えられます。

手術によって切り取る部分が少ないと、再発の恐れは十分にあります。
椎間板の中まで取れば取るほど痛みは無くなります。

しかし、椎間板の中身をとるという事は、椎間板の高さが低くなるという事で、身長も
低くなりますし、前屈、後屈をするのに不安定になってしまいます。

一般的には、手術の仕方はそれぞれの担当の医師に任せる、ということになります。
ただし、椎間板には僅かですが再生能力があるので、長期的に見れば少しであっても中までとる方がいいのかもわかりません。

また、手術の方法以外の原因で考えられることは、手術後の生活です。
手術の結果がとても良かったという場合安心してしまい、リハビリをせずに治療前の生活に戻ってしまえば、腰椎椎間板ヘルニアの再発の可能性はかなり高くなります。

リハビリとしての筋肉トレーニングやストレッチは毎日欠かさず行い、また姿勢の矯正や食生活の改善を心がけている場合は、腰椎椎間板ヘルニア再発の危険性はすこぶる少なくなると考えていいでしょう。

腰椎椎間板ヘルニアの再発の予防としては、痛みがある時は安静にしておく必要がありますが、痛みが少ない時は、筋力トレーニングやストレッチなどで、筋力アップを図りながら、筋肉や腱を鍛えることが最も効果的です。

また、術後、重いものを持つ仕事や車の運転などを再開される方で、サポートする力がまだ弱い場合には、コルセットを装着する事も考えていいでしょう。

しかし、コルセットに頼りきるのは大変危険で、常時装着していると、腰を支える筋肉や腱が弱ってしまい、腰椎椎間板ヘルニアを再発させてしまうこともあります。
痛みがない時は出来るだけ外すようにして下さい。

再発は辛いものです。腰に負担のかかる事は意識して避けましょう。
また、散歩やウォーキンギなどといった、簡単にできる運動も予防には十分効果がありますので、取り入れてみましょう。