接骨・整骨院

接骨・整骨院

椎間板ヘルニアの治療を接骨・整骨院で受ける方もいらっしゃるようです。

接骨・整骨などの名称でよばれている治療法は正式には柔道整復術といい、日本伝統の手技医療です。

柔道整復術の源流は戦国時代の武術であると云われています。
武術の書物には「殺法」「活法」の記述があり、殺法は敵を殺傷する技で、活法は外傷を治療する技術であるとなっています。

どちらも時代とともに発展や変遷をとげ、活法が発展して現在の柔道整復術ができあがったといわれています。

現在では、椎間板ヘルニアなどは整形外科で治療するのが主流となっていますが、西洋医学が日本に普及するまで、骨折・脱臼・打撲・捻挫などの外傷は接骨院が治療していました。

近年は接骨・整骨院は健康促進や維持のための治療機関として、椎間板ヘルニアをはじめとする慢性的な疾患をかかえる患者さんを受け入れるようになってきています。

国家試験を受け合格すると厚生労働大臣免許の柔道整復師となります。
国家資格を有するものでしか、接骨・整骨医として働くことはできません。
また、治療には健康保険が適用されることが殆どです。

接骨院や整骨院では、柔道整復師によって、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの損傷に対し、手術を行わない「非観血的療法」によって、整復・固定などを行います。
接骨・整骨による治療は、人間の持つ治癒能力を最大限に発揮させる治療法といえるでしょう。

接骨院や整骨院での治療は主に手技療法ですが、最近では物理療法、テーピング、運動療法なども採り入れられています。

【手技療法】

基本的に骨格の矯正などは行わず、関節の機能性を重視したマッサージなどが行われます。脱臼などの場合は骨を正常な位置に戻します。

【物理療法】

温熱療法や低周波療法などが主で、関節機能を効果的に回復させることを目的に、関節の運動性に関係する筋肉に対して施術を行います。

【テーピング】

患部にかかる負荷を軽減する為にテーピングで固定します。スポーツ選手なども積極的に採り入れている方法です。

【運動療法】

リハビリのことで、筋肉が衰えないよう無理のない範囲で筋肉を鍛えます。
柔道整復師の指導の下、患者個人の状況に合わせて行います。