椎間板ヘルニアの予防、筋力強化

椎間板ヘルニアの予防、筋力強化

椎間板ヘルニアの原因には「筋肉の疲労・衰え・機能不全」など、筋肉に関わる点が多くあります。

腰椎の椎間板ヘルニアを経験した方は、再発を防止するためにも腹筋・背筋を鍛えるように医師から指導を受けると思います。

腹筋・背筋を鍛えることで、筋肉自体がコルセットの役割を果たしてくれるようになり、腰にかかる負担を和らげてくれます。

重要なのは両方の筋肉を均等に鍛えることです。
偏った鍛え方をして筋肉が不均衡になると、骨格のバランスが崩れ、負荷のかかり方が異常になり、又腰痛や坐骨神経痛を引き起こしかねません。

腹筋・背筋に加え、腹横筋、内腹斜筋、外腹斜筋といった、いわゆるインナーマッスルも鍛えましょう。真っすぐな腹筋運動にひねりを加えることで鍛えることができます。

これらの筋肉を鍛えることで、肋骨を締め腹圧を下げることができますので、腰椎への負荷も軽減できます。

椎間板ヘルニア知らずの身体に必要なこととは「全身の筋肉をバランスよく使うこと」です。
1つの筋肉を鍛えても、その筋肉と他の筋肉の間に筋力の差があれば、力の伝達能力はなく、他の筋肉にとっては単なる「負担」にしかならないのです。

全身の筋肉を使う最も手軽な運動がウォーキングです。
しかし、ただ歩くだけではなく、正しい姿勢で歩くことを心がけるようにしましょう。

プールでの水中ウォーキングは、浮力によって腰にかかる負荷は減るが、水の抵抗によって全身の筋肉が鍛えられるため、理想的な運動といえます。

ただ、筋肉を鍛えるのも無理は禁物です。痛みを感じたらすぐに中止して様子をみてください。
あくまでも痛みがない状態で、腹筋運動、背筋運動を行ってください。
無理のない範囲で、継続して鍛え続けることが大事です。