椎間板ヘルニアで杖を使おうとする時の注意点

椎間板ヘルニアで杖を使おうとする時の注意点

椎間板ヘルニアで杖を使うことは大きな意味があるものです。特に痛みがある人にとっては手離すことができないものとし扱われる事もあります。ですがどんな杖でも良いということではありません。それぞれ個人にあった杖というものがあります。杖を選んでいくことが必要になるのです。杖を選んでいく時に見ておきたいのが高さと、そして支持する先となります。高さが低すぎたり、高すぎたりすると疲れの原因になりこってしまうこともあります。支持する先っぽがあまりに小さい物であると杖としての機能をしっかり果たせなくなってしまうので注意です。ただあまりにも大きすぎると逆に歩行がしずらくなってしまうので自分の用途に合わせて利用していくことが必要でしょう。

杖の持ち方なども重要です。普通に手で持つのがそれと腕で支えながら活用をしていくのかによって大きく変っていきます。腕の筋肉が弱っている人が、安定性のない杖を使ってしまうと逆に転倒などの危険性が大きくなり、怪我をしてしまうこともあります。杖だけでなく、車輪の付いた器具を利用していくなどの方法もあるので、自分にあった物を活用することが重要になると言えるでしょう。また無理をして使っていく必要もないと言えます。