椎間板ヘルニアだけでなく腰にとって優しい寝方

椎間板ヘルニアだけでなく腰にとって優しい寝方

椎間板ヘルニアになってしまうと痛みが激しい時には寝返りを打つ事も難しくなっていきます。そのため寝る事も一苦労ということになるでしょう。寝るときにどのような姿勢にするかということは非常に大きな問題でもあり、しっかり考えないと十分な休息をとることができなくなってしまうこともあります。当然そうなってくるとリラックスして寝る事もできなくなるでしょう。

椎間板ヘルニアの時に寝る姿勢として楽な場合が多いのが、仰向けになります。そして膝を少し曲げることができると、腰の負担が軽くなることもあります。椎間板ヘルニアでない時もこのような姿勢が腰にとっても負担が少なくて、眠りやすい姿勢になっていることになります。

症状によって楽になる姿勢というのは変ってくる可能性もありますが試してみる価値はあると言えるでしょう。ただ、痛みがある場合に無理をしてしまうことはよくありません。

楽だと思える姿勢を少し維持することができるようになってから試してみることが大切です。